総量規制対象外のキャシングローン@お金借りるなら

解説!総量規制対象外のキャッシング

キャッシングには総量規制の対象外のものとそうではないものとが存在します。

総量規制とは、借入額の上限を年収の3分の1以下に制限する法律であり、この法律が適用される消費者金融のキャッシングの場合には、専業主婦などの収入のない方は利用できないというのが原則になるのです。

また、年収の3分の1以下に制限されてしまいますので、それ以上お金が必要な場合にも不都合が生じます。

しかし、総量規制対象外の銀行系キャッシングであれば専業主婦の方であっても審査にさえ通れば利用できますし、年収の3分の1ルールも適用されません。

また、主婦の方が利用する場合であっても、ご主人の同意書や収入証明書の提出も不要ですから、いざとなればご主人に内緒でお金を借りることも可能になります。

しかし、この総量規制対象外であるからこそ、やはり注意しなけらばならないのがお金の借りすぎということになるのです。

総量規制対象外のキャッシングの利点やリスクについてお伝えしていきます!


総量規制対象外 キャシングなら

モビット 総量規制対象外
モビット
モビット 総量規制対象外
年利:4.8%~18.0% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:14:50までの振込手続完了で当日振込可(審査結果により不可の場合有)
 
プロミス 総量規制対象外
プロミス
プロミス 総量規制対象外
年利:4.5%~17.8% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:平日14:00時までにWEB契約完了で当日振込
*14時過ぎても、ネットで申し込んで審査通過後、自動契約機から借りられます。

 
アイフル
アイフル
アイフル 総量規制対象外
年利:4.7%~18.0% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:平日14:00時まで
 
総量規制対象外のキャッシングって何!?
総量規制対象外とは
キャッシングを利用する際には2010年から施行されている借り過ぎや貸し過ぎを防ぐために作られた「総量規制」という法律があるので注意が必要です。

この法律では「貸金業者は利用者に年収の1/3以上の貸し付けをしてはいけないし、利用者は借りてはいけない」ということが定められています。

この法律により返済不能に陥る人が減ったというメリットがありますが、一方で本当にお金が必要な人が借りられなくなってしまったという問題もあるようです。

この総量規制は消費者金融からの借り入れやクレジットカードキャッシングなどは対象となりますが、総量規制対象外となるケースもいくつかあります。

総量規制対象外となるケースは銀行からの借り入れ、また不動産を購入するための貸し付けや自動車を購入する時の自動車を担保とした貸し付け、緊急の医療費貸し付けなどがあります。

急いでお金が必要になることは誰でもあることであり、総量規制対象外の主に銀行キャッシングに申し込みをすることをおすすめします。

また急いでお金が必要なあまりに「総量規制対象外、ブラックでもOK」などと甘い言葉で誘う悪徳業者を利用しないようにしましょう。

キャッシングおまとめローンは総量規制対象外
キャッシングおまとめローン キャッシングおまとめローンは総量規制対象外なんです
キャッシングおまとめローンが各社から提供されています。

貸金業法の適用を受けない総量規制対象外の銀行のおまとめローンは、銀行の強みを生かした低金利を武器に残高を大幅に伸ばしています。

特に、数社の消費者金融会社からキャッシング利用している場合は、金利、毎月の支払額、最終的には総支払額が大きく下がる可能性がありますので検討してみる価値は充分にあります。

また、消費者金融会社からもおまとめローンは提供されています。原則総量規制対象外とはならないのですが、利用者に一方的に有利な場合は総量規制例外貸付となり、金利が下がるか、毎月の返済額が下がることを条件に総量規制対象外扱いとなります。

このようにおまとめローンは銀行であれ、消費者金融会社であれ、信販会社でも総量規制対象外のサービスとなります。

すなわち、税込年収の3分の1までと言う制限を受けませんので、よくよくシミュレーションをしたうえで金利が下がり、毎月に返済額も下がり、総返済額も減少するサービスを見つけ早期に検討することが重要です

主婦 総量規制対象外
主婦でも借りられる総量規制対象外のキャッシングの秘密
消費者金融の法外な金利による借金を苦にして自殺者が出るなど、問題の多かったキャッシングに対し、総量規制という処置が施されてしばらく経ちました。

無収入の主婦などは、キャッシングローンが組みにくくなったとされています。

しかし、総量規制対象外をうたったキャッシング広告をよく見かけます。実際に主婦が生活費などの不足分を消費者金融で借りているという話も良く聞きます。

主婦の場合、収入のある配偶者がOKを出すことによって、数十万円程度のキャッシング審査は比較的容易に通るのが現実です。こういったケースも総量規制対象外と捉えているのでしょう。

全く仕事をしていない主婦でも、公的年金や生活保護費に代表される公的扶助費を受け取っている場合も有ります。こういった定期収入があれば、総量規制対象外でお金を借りることは十分可能です。ただし、そういった収入は、今後下がっても上がることはまれですから、借入額については最小限に留めておくことをお勧めします。
専業主婦の即日借入@初めての即日融資

総量規制対象外の即日キャッシング
総量規制対象外の即日キャッシングについて
即日振込可能なキャッシングサービスは、総量規制対象外の銀行でも可能なのだろうか?

こんな風に思った方もおられるかもしれません。

それに対する答えは、総量規制対象外の銀行であっても、即日振込可能なキャッシングサービスは可能であるということです。

もちろんこれはどんな場合でも可能というわけではありません。

というのは、総量規制対象外である銀行は、審査基準がとても厳しいものだからです。

ですから、審査スピードがどれだけ速くても、厳しい基準をクリアできない人は、やはり審査に通過することはできません。

しかし、あらかじめ高水準な属性を備えている人は、即日振込のキャッシングサービスの恩恵にあずかることができるのです。

したがってポイントは、自らの属性を知っておくこと、また必要であればその属性を高めること。

これが銀行の即日融資を利用するための必須条件となります。

特に収入、雇用形態、勤務先の規模、他社借入状況、信用情報などは、基準を満たしておきたい項目です。

キャッシングとクレジットカードの限度額
総量規制対象外のキャッシングとクレジットカードの限度額

日常生活の中でどうしてもお金が不足してしまった時、消費者金融などを使ってキャッシングをすると手軽にピンチを乗り切ることができます。

しかしながら、ここで気をつけておきたいのは消費者金融が遵守しなければならない貸金業法の存在です。ここには総量規制という項目が定められており、消費者金融側は利用者の年収の3分の1以上は融資できないことになっているのです。

もしもこの総量規制の壁を越えてさらに融資を受けたい場合には、総量規制対象外の借り入れ方法を探す必要があります。

例えば銀行が展開する融資業務は貸金業法ではなく銀行法が定めるところに従っていますので、総量規制対象外として活用することが可能です。

また、クレジットカードをお持ちの方にはそのショッピングの限度額を活用するという手段があります。クレジットカードに付帯したキャッシングサービスは貸金業法の範囲内でしか活用できませんが、カードを使ってのショッピング精算は総量規制対象外となります。

それゆえ、商品の購入や各種支払いが必要であれば出来るだけカード精算にすることによって、何とかお金を融通することが出来るでしょう。
消費者金融の即日融資@お金を借りるなら


総量規制対象外キャッシングと自動車ローン

消費者金融などの貸金業者が提供しているキャッシングサービスは、総量規制の対象となります。

しかし、銀行などの貸金業者以外の金融機関のキャッシングは、総量規制対象外となっています

このように銀行系キャッシングが総量規制対象外となっていることは、意外に知らない人が多いものです。

総量規制対象外キャッシング 自動車ローン
ですから、キャッシングと言えば何でもかんでも総量規制を心配してしまう人は、一度貸金業法について簡単に勉強してみると良いでしょう。とにかく、総量規制対象外のローン商品など、世の中には幾らでも存在します。たとえば銀行が取り扱っている自動車ローンなども、その一つです。自動車ローンとは、借りたお金は自動車の購入以外には使えないローンのことです。


このように使う目的が制限されるローン商品は、目的別ローンとも呼ばれています。目的別ローンはその目的にしか使えませんが、その代わり低金利で優れた商品ですので、目的が限定されている時には、是非、積極的に検討したい商品です。



総量規制対象外キャッシングの返済方法

総量規制対象外のところでキャッシングサービスを受けたいなら、銀行が一番です。銀行の場合、借入制限がなく、金利は安く、サービスも充実しています。ネームバリューの高さによる安心感もありますし、本人の属性さえ高ければ、迷わずに銀行の利用を選びたいところでしょう。
総量規制対象外キャッシング 返済方法 しかし、銀行でキャッシングサービスを受ける場合は、注意点も頭に入れておかなければなりません。


一つは、返済方法についてです。銀行でキャッシングを利用する場合、いくつかの返済方法を選択することができますが、どれを選択するかが重要です。例えば、窓口返済、口座引き落とし、提携ATM返済とあります。

窓口返済は利便性はありませんが、直接お金を手渡して返済することから、借金への自覚をもつことができます。あるいは、物忘れのひどい方にとっては、口座引き落としが安全ということもあります。このように返済方法によって性質が異なりますので、自分に合った方法を前もって知っておく必要があります。

また、総量規制対象外だからといって、他にデメリットが何もないわけではないことも知っておきましょう。銀行は総量規制対象外である分、審査基準は厳しいことで知られています。


総量規制対象外キャッシングと利息
キャッシングサービスを利用する場合、総量規制対象の業者にするか、それとも総量規制対象外の業者にするかを決めなければなりません。すなわち、総量規制対象となるのは消費者金融系、一方、総量規制対象外となるのは銀行です。


どちらもキャッシングサービスを提供してはいますが、メリット・デメリットはそれぞれに異なります。

総量規制対象外キャッシング 利息 例えば利息についてはどうでしょうか?。利息についていえば、総量規制対象となる消費者金融より、総量規制対象外の銀行のほうが低く設定されています


では、それだけで総量規制対象外の銀行のほうがいいのかといえば、必ずしもそうとはいえません

消費者金融は金利は安くありませんが、その代わり、審査基準が優し目に設定されています。

審査基準が優し目であるということは、属性が低い人や雇用形態が正規じゃなくても審査に通過できる可能性がありますしまた審査スピードが速くなるので、即日融資も得られやすくなるのです。


どちらにするかは、双方の特徴をよく見極めなければなりません。


総量規制対象外キャッシングの実質年率

総量規制対象外となるキャッシングは、消費者金融とクレジットカードによる現金借り入れを除く銀行や労働金庫からの借り入れ分です。

こうしたところでは、消費者記入から借りるよりも圧倒的に実質年率が安いことが多く見受けられます。

総量規制対象外キャッシング 実質年率
ただし、消費者金融も総量規制対象外になるためにキャッシングができる部門などを銀行の傘下に入ることが増加しており、こうしたところでは実質年率は従来とほとんど変わらない場合もあり得ます。

消費者金融もあの手この手を使って総量規制から逃れようと必死です。

総量規制対象外となれば自らの企業内でのルールだけで貸し出しができるので、より大金を貸し出すことができることになりその分利益を上げやすいと考えるようになります。

もともと総量規制は消費者金融からの借り入れが多すぎて返済に苦慮する国民が増加し、最悪の場合は自殺などを選択する人がいたためです。そうした不幸な事例を作らないようにまた避けるために制定された制度です。




総量規制対象外カードローンのリスク

銀行のカードローンは総量規制対象外であるため高額の借り入れができ、便利なものですがリスクもあります。

銀行は金利が低いため消費者金融などのカードローンよりも返済の負担が小さく、安全であると言えます。

しかし、これは同じ金額を借りた場合の話であり、利用方法が異なれば安全とは言い切れなくなります。
総量規制対象外カードローン リスク 総量規制の制限があれば借り入れは年収の3分の1までになりますが、総量規制対象外であればこれ以上の金額が借りられます。借り入れ額が大きくなれば金利が低くても利息は高くなり、返済の負担が大きくなります。総量規制対象外のカードローンでは限度額に余裕ができるため、不必要な借り入れを行いやすくなります。

これにより、返済能力を超える借り入れを行い、返済できなくなるリスクがあります。


計画的に利用できるのであればリスクを気にする必要がありませんが、そうでない場合は借り入れしすぎてしまうリスクがあることを理解し、安易に借り入れを行わないようにしなければなりません